第44回いるか句会(出席)

2014年06月21日に行われた、第44回いるか句会に生参加しました。久しぶり9回目の参加です。堀本さんの「いるか句会へようこそ!」発売後のいるか句会ということで、初めていらしたかたもいるだろうと、どきどき参加しました。以下の五句を投句しました。

教科書を渡されただけ紺浴衣

お小言はバナナ咥えたままで聞く

泣くときの口の形よ夏燕

雨蛙をんなは空へ向けて泣く

雨蛙昨夜から伏せつてをります

「教科書を・・・」と「雨蛙をんなは・・・」の句を堀本さんに佳作に選んでいただきました。「雨蛙をんな・・・」は、おひとりの方に特選いただきました。あざます!「教科書を・・・」は数人の方に並選をいただき、他の句も、票数は少ないながらも珍しく全句開きました。わーい。二次会の席では、紺浴衣談義や「女は空を向いては泣かない」説など、いろいろ面白かったです。いやーやっぱ実際にいろんな方のお話を聞けるのは、いいですね。句会に出るたび、「やっぱり句会は参加しなくちゃ」の思いを強くします。今回のボクの選については、句会報が出てからパスワード付きで上げたいと思いますので、今日はここまで。


句会報パスワードで保護したページを追加しました。こちら


また今回、板坂壽一さんの句集をご恵贈いただきました。こちらの感想もまた別に上げたいと思います。

ここのところ仕事がけっこう忙しくて疲れていたのか、帰りの電車に揺られていたら、気分が悪くなってしまって。爆睡はいつものことなんだけど、ぐったり眠ってしまいました。駅を出たあと少し歩いてみたのですが、どうにも歩く気力が出せず、結局駅へ戻ってタクシーで帰りました。そんなこともありますわな。