第43回いるか句会(欠席)

2014年05月24日に行われた、第43回いるか句会に欠席投句で参加しました。また欠席投句です・・・。欠席投句でも、途切れず参加することにも意味があると思いつつ。以下の3句を投句しました。

本宮の中まで新樹濡れている

老人と呼ばれ屹立青嵐

夏の川パドル差し込むたび光る

「老人と・・・」の句を堀本さんに佳作に選んでいただきました。また佳作続きになってきました・・・うむむ。しかも、コメントでは痛いところを堀本さんからズビシと突かれ、まだまだ勉強が精進が足りないなぁ・・・と思ったしだいです。では今回も、句会報から三句取り上げてみましたので、句会に参加されたかたはこちらからご覧ください(パスワードが設定されています。パスワードは当月いるか句会報と同じです)。なるべく作者名を見ないように選んでいます。